上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「ワタル3」は、私がリアルタイムで追いかけていた最後のワタルです。
ラジオを聴いている当時、漠然と「これ「ワタル」だよね?なんだろう、何か雰囲気変わった?」と思っていて、「1」や「2」と違う監督さんだったことは後で知りました。

「3」のワタルの役目は「奇跡を起こすこと」でした。それは、浮遊界を救うことではなくて、その浮遊界を救える人物を目覚めさせること。浮遊界は魔界の海の上にあるので魔力の干渉が強く、その魔力に耐えられながらも良き心を持つ者…まあ虎王なんですけどね。やっぱりね。ワタルは奇跡を起こしたけど、そこで物語は終わるので結局話中では浮遊界を救うまでいってないんですよね。間接的に、奇跡起こした→虎王が浄化に向かう(で、多分救えた!おけ!)ってことなんだろうけど、やっぱりワタルの「救世主」の姿が見たかったなあというのが一番のしょんぼりするところです。

虎王は、最後の最後までほぼ記憶喪失&洗脳。2回も魔界の海に落とされてるので、ワタルのことはがっつり忘れてます。健気なヒミコに対しても酷い振る舞いをするので、苛々が募っていた私は「一発殴ってやれよワタル…」と思っていたら、ラスト近くで本当に殴り合いになってちょっとびっくりした。自分で殴れと言っておいてなんですが、ワタルと虎王って殴り合いが似合わないな。この子たちの友情はべったりか剣を交えるかの両極端の方がしっくりきます、個人的には。

虎王は思い出せ思い出せばかり言われて、「今」の自分を否定されているのが悲しかった、と。(それって普段、翔龍子がワタルから虎王虎王言われるのと通じるものがあるよね…と思ったり) ワタルは反省して「じゃあ新しく本当の友達になろう」って。どんな虎王であっても「虎王」である限り、ワタルは信じ続けるんだろうな。奇跡を起こすほど強い気持ちで。

敵キャラのノーザンタイガーは、虎王と瓜二つ設定で魔界の皇子だったわりにあっさり消されちゃったのが勿体なかったけど「俺様の胸に抱かれて安らかに眠るがいい」という名言で爪痕を残していった功績は称えます。へんなひと万歳。


「超」は、再燃してから初めて観ました。
97年当時は既に2次元に疎くなってしまっていたし、地元ではテレ東系が未開局だったので、今の今まで触れる機会が無かったのです。「1」および「2」が三つ子の魂状態で育ってきたので、「超」のあれこれに「お、おう…」と戸惑うことが多く、今もってうまく咀嚼できていないのですが、とりあえず戦部と炎部が好きです。結局ワタルなのかわたし。うん、ごめん。後は最終回の「龍神丸が僕の良き心なんだ」は好きな台詞です。
虎王はちょっとやんちゃすぎるかな。誇り高き魔界皇子の虎王さまが好きなのです。悪夢の中で手を繋ぐシーンは瞬時に萌えたことをこっそり告白しておきます。




2014.7.18 更新
スポンサーサイト
2014.07.18 Fri l 雑記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。