上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 ワタル2のBlu-rayが発売された2014年6月以降、「終わりなき時の物語」を自分でも引くぐらい繰り返し観ているわけですが、観れば観るほど謎だらけで頭が「?????」状態になっているので、これを少しでも解消したい…!とまたしても自分だけが楽しい妄想を繰り広げてみました。ワタルに関しては以前に「救世主に纏わるエトセトラ」という雑記で少し触れたので、今回は虎王について。絶対こうに決まってるわ、というのではなく、まあこんな考えもできるのか、程度にお読みいただけたら幸いでございます。

1.何故、虎王がワタルを呼びにきたのか
 創界山に危機が訪れた時は基本的には龍神丸が迎えに来るのに、今回は虎王なんですよね。そもそもこれが何でなんだろうと思ったわけです。龍神丸が来られなかった理由は崩壊寸前の創界山を支えていたからだと思うのですが、神部界の皆がワタルに来たことに対して驚いたり、「どうやって来たのか」と尋ねるということは、「救世主を召喚する」意志は、実は神部界ではなかったのではないか。じゃあ誰がというと、天部界の意思だったのではないか。神部界が侵攻されたら天部界にも危機が及ぶわけで、現に、魔界と扉一枚で繋がっていた創界山が既に半壊しているのだから、これを迅速に食い止める為には、神部界で救世主と成るワタルが必要だった。
 では、どうやってワタルを呼ぶか。天部界の意思をどうやって現生界へ伝えるか。その役割を担えたのが虎王。この時点での虎王は、翔龍子の身体から離れて魂だけで浮遊していたと考えられますが神部界の皇子である立場は当然あるし、それと同時に、虎王は大龍皇帝と婀娜の子かもしれないという天部界の王家の血を引いている可能性を背負っていることもあるので、ワタルを呼ぶ為には、神部界にとっても天部界にとっても適役だったのが虎王しかいなかった。なので、魂を実体化させて(これについては後で触れます)現生界へワタルを呼びに来た…けど、私はこの虎王は天部界の「媒体」であって、本当の虎王ではないのではないか、と思ったりもしてます。(わざわざ「本物の俺様」って言うのも不思議だし)

2.虎王の存在
 で、これです。先に結論から言ってしまうと、「終わりなき」での虎王は総て実体ではないのではないか、ということです。この物語の時は翔龍子と虎王は1つの存在であるという前提があり、魔界の邪気にあたった翔龍子から虎王の魂が抜け出てしまった、ということなので、ワタルに「俺様がついているぞ」と語りかけたあれが神部界で浮遊している本当の「虎王の魂」なんだと思います。
 では、魂の状態である虎王が実体を持てる条件とは何か。第1話で現生界へワタルを呼びに来た時、第2話で天部界の龍遣いの谷で姿を現した時、第3話で再び現生界へ来た時、共通しているのは「白龍馬」の存在。白龍馬は天部界の龍の王である「拳龍」が天馬に姿を変えた馬なので、傍に居ることで魂を実体化できる力があるのでは、と考えました。とはいえ、前述にもあるように、第1話の虎王はあくまで天部界の意思を伝える為の媒体、つまり「本物の虎王ではない」と思うのは、第2話でワタルと会った時に虎王の反応が、神部界で浮遊していたはずなのに何故ここに居るのか、という感じであり、ワタルに久しぶりに会えて心の底から嬉しいという気持ちが表れていたので、魂の状態だった虎王が実体化してワタルに会ったのは、この時が最初なのではないかと思ったわけです。余談ですが、第1話で現生界に来たペガサスは拳龍そのものが天馬に姿を変えて、救世主=拳龍子を召喚しに来たとも考えられるかなあと思っております。
 そして、第3話で扉を封印する為に虎王が残ってワタルと白龍馬を帰させる。白龍馬が去ったことによって虎王の実体は氷に封印される間際に魂の状態に戻り、そのまま翔龍子の身体へ戻って翔龍子の意識が回復する、という流れ。この辺わたしの個人的趣味な御都合主義ですw
 で、ワタルに「必ず戻る」とは言ったものの、翔龍子の元へ戻った虎王はやっぱり実体が無いわけです。それを伝えたい強い意識が(魂とはまた違うような)白龍馬によって実体化されて現れたのがラストの再会なのかなあと思います。
故に「終わりなき」の虎王は総て実体じゃなかったと考えると、時系列的に後になる「虎王伝説」で「久しぶりに会ったね」感が違和感無いじゃないっていう。こじつけ万歳!


 多分これからも観ていくうちに「ああ、やっぱりこうかなあ」と違った考えが出てくる気がしないでもないですが、とりあえず今はこんな感じで妄想を働かせてみました。ワタルワールドに対する興味は尽きないなあ…楽しい…。





2015.02.25 更新
スポンサーサイト
2015.02.25 Wed l 雑記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。